注文住宅はどこに依頼する?まずは依頼先の特徴を知っておこう

ハウスメーカーは展示場や見学会で検討しよう

注文住宅はハウスメーカー以外にも設計事務所や工務店に依頼するという方法もあります。依頼先を選ぶには、事前に各々の特徴をよく知っておくことが大切です。

まず、ハウスメーカーですが、認知度が高いメーカーであれば、住宅のおよその特徴をイメージできる場合もあるかと思います。各ハウスメーカーはそれぞれ得意とする工法が異なり、その構造にも違いがあります。そのため、選ぶ際には工法と構造を確認しておく必要があります。各メーカーの特徴は住宅展示場のモデルハウスで確認したり、実際に住んでいる住宅を見学会等で見ることができます。ただし、ハウスメーカーの施工は地域の工務店が請け負っているので、技術的にはそちらにかかっている点も大きいといえます。

設計事務所は自由度の高い家づくりができる

注文住宅を設計事務所に依頼する場合は、設計士がオーナーと直接打ち合わせしながら図面を起こしていくので、よりオーナーの希望に合わせた設計が可能になります。そのため、自由度の高いオーダーメイドに近い形の家づくりができます。ある程度コストはかかりますが、こだわりのある注文住宅を望んでいる人にはピッタリだといえるでしょう。また、設計事務所が工務店に仕事を依頼し現場で監理するので、手抜き工事を防ぐことができるという利点もあります。

工務店は技術力が高く経験豊富な業者を選ぼう

地元の工務店を選ぶ際の最大のメリットは、その地域の特色をよく知っているということでしょう。また、設計から施工まで全てを担当するので、信頼できる工務店なら安心して任せることができます。しかし、その分、技術力が高く経験のある工務店を選ぶ必要があります。まずは、新築住宅を専門に扱っているところを数社選び、見積もり等を比較検討することが大切です。

横浜の注文住宅では、ショールームや実例物件を見学することによって実感し住宅を建築することができます。