駅近物件なら時間の節約になる!?住んでみて分かる魅力3選

徒歩10分と5分なら駅近物件を選ぼう

賃貸物件を借りる前に物件探しの段階で、徒歩10分と徒歩5分の違いを具体的にイメージすると駅近物件の魅力をイメージしやすくなります。不動産屋が使う徒歩表記は、1分あたり80m計算となるので徒歩10分ならば800m、徒歩5分ならば400mという距離感です。コンビニは駅近くには必ずといってもよいほどあるので、ちょっとコンビニまで買い物に行くと考えた時に800mと400mの違いがいかに大きいか実感出来ます。買い物に出掛けて終わりではなく、往復することを考えれば違いは更に大きいわけです。

ドアtoドアで通勤時間を考える

週休二日制であっても月間20日以上は会社まで通勤することになるので、電車通勤をしているならばドアtoドアで通勤時間を考えると良いです。通勤は毎日往復することになるので、駅近物件ならば電車へ乗車している時間の合計と総通勤時間が近くなります。徒歩で歩いている通勤と電車にただ乗っているだけの時間が同じならば、徒歩の時間を減らした方が身体の疲労度が少ないです。なるべく通勤時間を少なくして、なおかつ身体に掛かる負荷を下げることが出来る条件として駅近物件は適しています。

利便性の高さは細かい時間のロスを減らせる

駅前にはコンビニだけでなくスーパーやドラッグストアといった生活必需品を手軽に購入出来る店舗が集まっています。会社帰りに買い物しながら帰宅する際にも、駅近物件に住んでいればさほど荷物を抱えて帰宅しても苦になりません。通勤カバンのみで歩く時に比べて、食材や日用品を抱えた状態で歩く距離は何倍にも辛く感じます。休日であっても駅近物件に住んでいれば、買い物へすぐに出られるので細かい時間のロスを最小限に減らせるわけです。

遠方から転勤で千歳に来られる方は、予め千歳の賃貸物件をまとめた賃貸サイトで確認しましょう。わざわざ現地に行かなくても、素敵な物件が直ぐに見つかります。