注文住宅でとても大切な土地探しは慎重に!

家を建てるための土地探し

注文で家を建てる場合は、建売一戸建て住宅を購入するのと違い、まずは土地を探すことになります。建売一戸建て住宅の場合、すでに土地の上に家が建っているので、セットで購入します。しかし、注文住宅の場合は別々の扱いになるため、土地探しからスタートしましょう。もちろん、親から土地を譲り受けている場合は、その土地の上に注文住宅を建てれば良いので、あえて土地を探す必要はありません。

さて、土地探しのポイントは生活しやすい環境であることです。土地の値段はエリアによって大きく異なりますし、日当たりや地盤等の関係もあります。安かろう悪かろうでは全く意味がありませんので、多少なりとも高くても良い土地を探して、購入しましょう。良い土地は地盤が強くて、日当たりがよいこと、そして鉄塔等が近くになかったり、線路の近くではないことなどたくさん条件はあります。どんな土地が生活しやすいのかをリサーチした上で土地を購入します。

自分の足で歩くことも大切

地元の不動産会社から土地の紹介をしてもらうわけですが、その際、紹介してもらった土地が気に入れば、最後は自分の足でその土地の周辺地域を歩いてまわりましょう。歩いてまわることで、新たな発見ができます。一生に一度のとても大きな買い物になることが多いものですから、とにかく慎重に検討しましょう。理想的な土地を購入できないと、その上に素晴らしい注文住宅を建てたとしても、トータル的に良い家が買えたとはなりません。土地と注文住宅両方が良い条件であることが大切です。

注文住宅を建てたい場合は地元で評判のメーカーを探すことで安心して建てられます。モデルハウスに行けばイメージが湧いてくるでしょう。