どう選ぶ? ハウスメーカーのチェックポイント

ハウスメーカーには得意分野がある

注文住宅で自宅を建てようと決めたら、課題のひとつとなるのがハウスメーカーの選択です。すでに目当てのメーカーが決まっているなら別ですが、たいていの人はどのメーカーを選ぶべきかわからないと思います。注文住宅の設計と建築を引き受けてくれるメーカーはたくさんありますが、それぞれに得意分野があるのが通例です。たとえば「木材をふんだんに使用した家」や「徹底的なローコストにこだわる家」などです。各社の得意分野は公式ホームページなどでわかりやすくアピールされているので、候補をしぼるのに役立ちます。メーカーを検討するためにも、住みたい家のイメージとだいたいの予算は把握しておきましょう。特に家のイメージは大切で、これが定まらないとメーカーを決められないといっても過言ではありません。

住宅展示場へ行ってみよう

多くのハウスメーカーは、自分たちの商品を紹介するためにモデルハウスを用意しています。複数のメーカーがモデルハウスを建てている住宅展示場もあります。ある程度候補がしぼられてきたら、ぜひ見学に行ってみましょう。モデルハウスにはメーカーのスタッフがいて、住宅の設計方針などを説明してくれます。展示されているのはハイグレードな家である場合もあり、どのメーカーもステキな家に見えるかもしれませんが、冷静な視点で基本部分をチェックしましょう。注文住宅は高価な買い物になるので、候補のメーカーがかなり限定されているとしても複数のモデルハウスを見ることをおすすめします。実物を見たら意外なメーカーが気になってしまうことはよくあります。じっくりと時間をかけて決定してください。

2000万の家は果たして安いのでしょうか?地方では土地付き一戸建て住宅が購入可能な額です。首都圏では手に入らない金額です。地方では移動に車が必須となりますが、シェアリングに移行し、住みやすくなる時代です。