賃貸ビルにオフィスを構えることのメリットとデメリットとは?

初期投資を抑えられて建物管理が不要なのがメリット

新しいオフィスを賃貸ビルの一角に構えると、初期投資はビル管理者側から求められる初期費用や事務用品の調達費などで済み、自社所有の建物をオフィスとする場合より費用を大きく抑えることができます。業務開始後も毎月徴収される賃料や管理費など、多くの費用を経費として計上することができます。また、入居者は借りているスペースのみをきちんと管理していればよく、ビル全体の管理は所有者か専門の管理会社が行ってくれます。この点も賃貸ビルにオフィスを構えるメリットといえるでしょう。

制約がある点と賃料値上げがありうるのがデメリット

賃貸ビルに入居するデメリットの一つとしてまず挙げられるのが、使用上の制約がある点です。入居後は契約や利用規約で定められた範囲内での利用を強いられ、室内に何らかの設備を設ける際に内装に手を入れる場合は管理者の許可が必要となります。住居を借りる場合とは異なり、事務所を借りる場合の原状回復費用はすべて借主側の負担となっているケースがほとんどなので注意が必要です。また、ビルの入居状況や管理会社の経営状態、国内経済の動向などによっては、入居の途中で賃料の値上げを求められることがあるのもデメリットで、納得できない場合は退去して他の場所にオフィスを移転しなければなりません。

メリットとデメリットを踏まえて賃貸にするか決めよう

オフィスを賃貸ビルに構えるかは先に述べたメリットとデメリットを踏まえて、従業員の人数やオフィスの利用方法、新しいオフィスの利用期間、自社ビルを構えると仮定した場合のコストの差など、様々な点から考える必要があります。オフィスの移転の成否は会社の経営を左右することがあるので、慎重に考えて結論を出しましょう。

大阪市内の賃貸オフィス 中央区では、最寄の駅まで徒歩5分以内で月額2万円前後で借りられる物件があります。